介護職 年齢

介護職の雇用において女性が多いというのは特徴的です。

また求人にいては年齢不問、

 

経験不問と言った記載があります。

 

では介護は
女性向きの仕事なのでしょうか。お年寄りの入浴などはかなりの重労働です

 

し力仕事です。仕事の内容からすると
男性の方が適任と思われます。
では年齢的な面から見るとどうでしょう。何事も誰で最初は未経験者です。介護はきつ

 

い仕事です。
若いとすぐに辞めてしまうと言う不安もありますがこれは年齢問わずに起

 

こりうることと思います。
有資格かどうか経験があるかどうかの面から見るとやはりあったに越したことはありま

 

せん。経験や資格を持っていると採用されやすいものです。

 

しかこの就職難でも介護職の求職状況は恵まれていて
常に求人がありますす。
選り好み

 

をしなければ採用可能な職種と言えます。
しかし
介護職はお給料の面で見合ったものをいただけないというのが現状です。これが

 

介護職離れであるともいえ携わっている方の不満にもなっていることでしょう。
そして介護職の現場では未経験者を育てていくシステムが作られていないのが現状です

 

。どんな仕事も
経験者が未経験者を育て、全体として質を高めていくことで良いサービ

 

スにつながるというものです。しかし
介護施設も小さな有限会社がほとんどで
経営者も

 

経営のノウハウの察知ができない状況でしょう。

 

介護職の現場は改善の必要な場でもあります。

介護職と言うのは離職率の高い職業です。

つまり
慢性的な人手不足の状況下にあります

 

。しかしこの状況も職場によるということです。介護のお仕事自体に問題があるのでは

 

なくその職場での待遇などを含め合わないということが大きな理由のようです。
この介護の職場において人の入れ替わりが激しい職場の特徴を考えてみましょう。

 

一般的に介護職の現場は多忙で
過酷な労働条件と言えます。
そんな中で新人を教育する

 

時間を儲けるのは難しく新人研修が十分でないのが現状です。
例え介護の専門の学校を卒業したとしても現場では初心者です。戸惑うことばかりでし

 

ょうし
介護職という苦労の前に働くということも初めてだったりするといっぱいいっぱ

 

いなのが現状でしょう。
ですから
それを適切に指導して、一人前にしてあげなければならないのです。しかし介

 

護は相手が人間です。「待った」が効きません。ついつい目の前にあるしなければなら

 

ないことを優先してしまいます。新しい人材の育成にまで手が回らないのでしょう。し

 

かし人事を育てるということは介護施設のサービス向上につながります。
経営者も含め

 

「育てる」経営をしなければなりません。

仕事をする上でその職場での人間関係は重要なポイントです。

どんなに働く上での条件が良くても一緒に働く人とのコミュニケーションが上手くいかないと仕事においてもマイナス影響を示します。
これは介護職においても重要です。介護職だからこそとも言えるでしょう。
介護職は仕事自体が過酷です。仲間同士が助け合わないとこなせないことも出てきます

 

 

介護職の中に訪問看護があります。この場合一人でお客様のところ伺います。同じ質の

 

サービスを提供する上で仲間同士での話し合いが必要になってきます。
しかし介護と言うのはまだ始まったばかりの職種と言ってもいいと思います。なぜなら
介護保険制度が始まってからの経過年数は数年ですから、介護職としての経験年数もま

 

だ浅いと言えます。まだきちんとしたノウハウができていないのが現状なわけです。

 

 

職場の雰囲気と言うのは仕事のやりやすさと比例するものです。特に介護職は感情のあ

 

る人との関わり合いです。仲間とうまくいっていなければやり難さは何倍にも膨らむも

 

のです。この職から離れる人の理由の一番は「仲間」に恵まれたかどうかと言えると思

 

います。
介護職に就いた方の声がインターネットのブログや掲示板で記載されています。理想と

 

現実とのはざまで介護職の本音を聞くことができます。

 

せめてお給料でもよければ頑張れるのかもしれませんがこれまた反比例です。介護保険

 

制度を実質的なものにするために個々と改善しなければならないことになっています。
最近では国の政策も効果もあり少しずつ状況の改善の方向にあります。介護職を息の長

 

い仕事にできるよう職場の仲間とのコミュニケーションを大切にしましょう。