介護職の資格

現代は高齢化社会です。

この状況から介護を求める老人たちの増加は紛れのない事実であり介護職への重要性も問われてきます。
しかしながら介護職を選択する人はいか程でしょうか。介護の現場は人手不足です。そんな中大卒、高卒の就職率が100%に満たしません。つまりはすすんで介護職に付こうとする方が少ないということです。
介護職へのイメージは仕事に合わない給料、ストレスなどマイナスなイメージが強いと思います。
実際野呂頃はどうでしょうか。介護施設を運営しているのは小さな会社です。それも国からの補助を受けて成り立っているのが状態です。そんな施設で
満足できる給料を支払うことは不可能です。
また仕事内容も「老人の介護」です。大変でないわけがありません。
トイレの世話や入浴、食事介護、着替え、散歩…どれをとっても楽なことはありませんし一日中付き添うことになります。

 

この介護には働く場所は在宅介護と施設介護があります。

 

また介護をするということでいくつかの資格があります。
資格がなければできない仕事ではありません。しかし求人の数が違いますし有資格者は自分にも有利です。
介護の仕事をしながら、資格取得と言うのも介護を極目たい人には一つの方法です。
介護と言うのは
誰でも簡単に仕事ができる仕事ではありません。人のお世話をする仕事です。ものと接するのとは違います。相手は感情を持っています。心と心のつながりです。ストレスも起こることでしょう。これは介護職には付いてくる事実です。

 

介護職に就く上で資格がなくとも仕事はできます。

しかし介護職における資格は専門職として様々なものがあります。介護職に就きたいのであれば資格を取っておきたいものです。
その資格に一番は馴染のあるものがホームヘルパーでしょう。このホームヘルパーも
1級と2級があります。
2級は専門学校などで簡単に取得できます。
その他には介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士、臨床心理士、理学療法士などがあります。それぞれの資格によって仕事内容が変わってきますし就ける仕事も違ってきます。資格があるということは就職の際や職場での仕事内容など有利にはたらきます。
それぞれの資格を取得する上で決められた条件がありますから取得資格への目標を持って働くのの一つの方法です。
介護職の求人はここ数年間、高水準で推移していますから就職難の現代でも介護職は引く手あまたです。せっかく働くのです。いいお給料で働きたいものです。資格があればそれを武器にできます。

 

介護職は資格がなくても付くことは可能なのでたくさんの雑用などの仕事もあります。きつい仕事ですから不満を感じることもあるでしょう。しかしできるだけ楽しく働こうとしたいものです。

介護職の資格の一つに介護福祉士があります。

三福祉士と言われる「介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士」の中の一つになります。1987年に創設された国家資格で
専門的知識及び技術をもって、介護を行うことができると認定になります。

 

これらの資格を持って活動できるのは養護老人ホームやデイケアセンターなどになります。介護職を必要とする現場において重宝されます。
呼び名としては
時には「ケアワーカー」とい表現されることもあります。

 

介護の現場が厳しい状況です。この専門知識を持つ国家試験をクリアした介護福祉士の専門性を高めていくことは課題だとされています。
他の医療や看護、リハビリなどとの連携を持つことも目標です。
しかし現状は介護福祉士は看護師などと同じ社会的な地位を得ることはありません。看護師と言うのはそれなりの地位があります。しかし介護福祉士は看護師とは別物扱いで下に見られます。

 

介護福祉士と言えどもその業務内容の過酷さは資格を持たないものと同じです。そこで離職率が高いことも事実です。
介護福祉士の資格は
介護関係の学校を卒業すると、自動的に取得できます。しかし、介護職に就かない若者が多いのも実態です。
この現状は実習などで介護の現場を身をもって知ることとなった結果でしょうか。介護の現場を働きやすい環境にし労働にに合ったお給料を支払えるようにしたいものです。

ヘルパーの試験

介護職の資格として介護福祉士や社会福祉士があります。ホームヘルパーは所定の研修を受けた人に「認定」されるものです。
したがって、ホームヘルパー2級を持っていると言うことが介護の現場で仕事に直接役立つわけと言うことではありません。しかしながら多くの現場での求人には「ホームヘルパー2級以上」の取得者を要求されます。

 

したがって、介護職に就きたいと思っていらっしゃる方はをホームヘルパーン級の取得をお勧めします。
ホームヘルパー2級はサービス提供を前提とし
基本的な実技や実習を含めた2日間の実習と130時間の研修を受けます。
この研修は自治体などでも主催されこの場合は費用は最小限で済みます。
ホームヘルパー1級になると高度な知識を必要とされます。この資格は
チームケアにおけるスタッフとの連携などのマネジメントを学びます。
研修時間は230時間です。ホームヘルパーの認定は国家試験ではありません。
何はともあれ介護職に就く場合
、基本的なことを知っているかどうかは重要です。現場で戸惑わなくて済みます。就職するときもホームヘルパーを取得している人は優先的に採用されます。
しかし、実際に介護職に就く人の数は増えません。なかなか現場の厳しさを現実のものにできないのでしょうか。