介護職 志望動機

就職試験において面接があります。

この時決まって質問にあがるのが志望動機です。それぞれの職種においても模範解答がネット上において記載されています。介護職も例外ではありません。
ネット上の面接対策のための志望動は実際の動機も類似することが多いと思います。介護職を目指す人は家族や親せきの介護を身近でみていた環境であったりそんな中で生活したり介護を日常で感じていたからと言う方が多いようです。そんな中で自然と介護と言う職種を将来の仕事と考えるようになったといえます。
しかし、介護の現場は大変です。思っていた以上の苦労を知ることになります。もちろんハードな仕事は介護職だけではありません。しかし介護職は肉体的にも精神的にも重労働です。働く上で強くたくましくないと通用しません。ストレスの発散をうまくしないと煮詰まってしまいます。
認知症の方のお世話は大変です。暴言も暴力も覚悟しなければなりません。我慢との戦いです。
介護の現場は現実です。環境を良くするというのは難しいかもしれません。しかし労働条件の改善は取り組まなければならないことです。国もここに力を入れるべきだと言えるでしょう。

仕事に就く上でお給料と言うのはやはり気になる部分ではないでしょうか。

同じように仕事をするのならばお給料は』高いに越したことはありません。
しっ歳お給料をもらってそのお金で生活をするのです。生活をして行ける最低限のお給料は欲しいものです。
しかし介護職のお給料は安いといわれています。現実家庭を持って男性だけの介護職のお給料は一家を支えることはできません。

 

仕事をする上で何にポイントを置くか。となると介護職に就かれる方は正義感であったり優しさに長けている方が多いと思います。しかしこれは独身の時はお給料云々などとは言わないかもしれません。しかし結婚して家族の生活を守りにあたっては障害になります。
介護職のサービスは高いもの求められます。しかし現状は人手不足です。そんな中で人手不足を経営者にぶつけなければならない現状も起こりうることでしょう。
介護職のお給料の低さは知れ渡っています。ここをいかに改善して働きやすい環境にするかはこれからの高齢化社会を維持する上で重要なことです。