介護職 転職

介護職の仕事は並大抵なことではありません。

仕事自体も大変です。そして仕事の現場においては夜勤もあります。早出や遅出もの出勤もあります。夜勤勤務は大変な負担があります。まず本人の体への負担、家族がいれば家族への負担もあります。看護師ほどのお給料が見込めないのにと思う方もいらっしゃることでしょう。
そして介護においては気持ちの上でも抱え込むものも多いことでしょう。精神面での負担は回復するのは大変です。
そこで転職を考えた場合ですがしっかりと現状を捉えたいものです。条件の良い職場へとのぞもない人はいないと思います。しかし介護職は条件が整った職場を見つけるのは難しいことかもしれません。全体的に雇用環境が良くないと捉えた方がいい職種と言えるかもしれません。
しかし介護の仕事に携わる方はまずこの介護にやりがいを求めたり何か好きと言う感情のもとにこの仕事に就かれているようです。しかし条件の悪さだったりが離職につながっています。例えば男の人は結婚して家庭を持つとなると家族を養えるだけのお給料はもらえないのです。そこで離職と言う結論になるのです。中には理想と現実のギャップに耐えかねる人もいます。しかし転職先としてまた介護職を選ばれるパターンが多くみられます。条件を変えれば頑張らせてくれる仕事なのでしょう。
上手くストレス発散をして自分に合った条件の現場が見つかるといいですね。

介護職の年収をご存知ですか。

一般的に介護職はお給料が安い!!と言うことはご存知だと思います。しかし相場的なものであったり具体的なものは把握されていないのではないでしょうか。
実際の年収は事業所によって大きく異なるのが現状です。しかし家族がいて家族を養うだけの収入はありません。年収は相場ですが200万円から300万円ぐらいです。そして
夜勤手当やボーナスなどの違いが収入の違いになってくることでしょう。

 

しかし、介護職の中で高収入と言う方と他の職業に比べると介護職の高給取りは安月給になってしまいます。介護職に生き甲斐を感じている人は特に独身の時はさほどこの収入を苦に思わないかもしれません。しかし家族を養わなければならなくなった時やはり収入は問題になってきます。
共働きができるのならばそれも家族の在り方です。しかし子供が授かり女性が働けなくなったりすることもあります。それでは家庭は成り立っていきません。そこで介護職は女性の職場になっているのです。介護職の男性は家族を養うだけの収入がないので育っていかないのです。
介護職を目指すうえでこの現状もしっかりと把握しておきましょう。介護職は感謝をされ元気をもらえるお仕事です。しかし認知症の方などは暴言もはけば暴力も振るうこともあります。生の人間との戦いです。しかし人は年を取り誰かの世話になるが来ます。温かい介護ができる要介護の現場も充実させていかなければなりません。