介護職 アルバイト

アルバイト感覚???

アルバイト感覚などと言う言葉もあるようにアルバイトをするということは割と安易にとらえがちです。しかし介護職をアルバイト感覚で始めるのはどうでしょうか。現状は介護職のアルバイト求人もたくさんあります。それは人手不足を補うためだと思われます。
日本は高齢者が増加し介護を必要としているのが現状です。しかしその介護を必要としている人たちにサービスを提供できないのも現状なのです。
ですからアルバイトでもと求人があるのです。しかしお金を稼ごうと介護のアルバイト日手を出だしてみたけれど・・仕事はきついバイト代は安い。この悪条件にやめてしまう人がほとんどなのです。アルバイトなら給料のいいところへと変わっていってしまうのです。
またアルバイトと言うことで長期的なことは視野に入れていないことも多く当面のお金が手に入ればヨシと言う方も多いのも現状です。
いずれにせよ
楽をしてお金を手にすることはできません。アルバイトだからこそ介護の世界もしっかりと見つめてみることも得るものがあるのではないでしょうか。

 

介護の仕事は遣り甲斐のある仕事です。たくさんのありがとうを自分に投げかけてくれます。こんなもったいないお仕事があるのでしょうか。マイナスな部分も多く感じるかも知れませんがプラスの面からも捉え方を変えてみるのはいかがでしょうか。きっと介護のお仕事に喜びを感じることになるでしょう。

介護職の仕事はハードです。

これは肉体的に不だけではありません。精神的にもハードです。これは多くの人が認識していると思います。これは国の組織・厚生労働省も察知しています。
ここで介護職の離職率について厚生労働省が行った統計のお話をしましょう。介護職は他の業種と比較すると離職率が高くなっているのです。
この原因はなんでしょうか。
やはり給与水準の低さが大きな原因と言えると思います。これは統計上の数字においても明確に記されています。
仕事がハードでお給料が安い!!ところで好き好んで働こうという人はいないと思います。できたら楽で高収入を求めるものです。
そんな中での雇用です。仕事がハードで給料が安いと言うことを理由に辞めてしまう人が多いのです。離職して雇用の数は減ります。しかし需要は現状維持ではなく増加しているのです。求人が常にトップを示すのは当たり前のことです。これを数値でお話ししましょう。
2009年の統計ですが離職率は20%です。つまり5人に一人が辞めてしまうことになります。
この辞める理由は「仕事の内容に不満がある」と言うことだけではありません。ほかの理由もあるとは思いますが介護離職率は全産業の平均値を上回っていっているのは確かです。

 

これらの状況を改善するために国の施策として介護職員処遇改善交付金が創設ました。これは介護にあたる職員に対して、毎月1万5千円の支給が行われるようになったのです。
介護職離れを防ぐ何かを一つでも増やさなければ高齢化社会はおしまいです。介護と言うのは若い世代の関心を持っていかなければならないのです。